秋の畑の芽ばえ

栽培

2020/10/25

初めての秋の畑。
9月は種を播いてもなかなか育たず、畑が寂しくなっていたのですが、
涼しくなったこの頃は、野菜たちが元気です。早朝に撮った写真を並べてみます。

まずは期待のニンニク。
春に近くの無人販売で売っていたのを半分食べて、半分は種に保管していました。

本葉が3本のニンニクたち

シマラッキョウは8月ごろ球根を買って放置していたのを、
さあ植えようと思ったら、中がスカスカになっていました。
しまった〜!と思いましたが、少しでも中身がありそうなやつを選んで植えてみたところ、
ちゃんと芽が出てくれました。

ほそーい葉っぱがニョキニョキ出てきたシマラッキョウ

ルッコラ。おそらく私は食べたことがありません。楽しみです。

生育バラバラのルッコラたち

シュンギク。
ニンジン並に発芽率が悪いです。丸っこい双葉から、ギザギザの本葉が出てきました。

まだまだ小さなシュンギク

サニーレタス。
シュンギクよりも発芽率が悪いです。
種が小さくて薄っぺらくて、儚い感じだったので、
二号畑の硬い土で発芽するのは難しかったのでしょう。
一時期ほぼ枯れていて、消えかけていたのですが、
枯れ草を薄くかけて日陰を作ってみたところ、復活してきました。
植物は絶対あきらめないですね。けなげです。

ここからどこまで大きくなるかのサニーレタス

ミツバの種は、おそらくこれかな?という程度にしか発芽していません。
なので画像は無し。

ニラエリアにばらまいた、サンチュとダイコン。
ニラは地上部を完全に刈ったのですが、あっという間に復活。めちゃ強いです。
ダイコン、サンチュが負けないようにニラを食べていかねば。
ニラは夏より葉が柔らかく、とてもおいしいです。

黄緑色がきれいなサンチュ

ニラに囲まれたダイコンたち

だいぶ育ってきたニンジン。林みたいですね。
暇をみつけて間引いています。間引いた葉は初めはサラダにしていましたが、
次第に大きくなり硬くなってきたので、近頃は炒めたり揚げたりして食べています。

硬い土に負けないニンジンたち

賑やかになってきた秋の畑。眺めるだけでも楽しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました