コマツナ初収穫

栽培

2020/12/30

寒波がやってきた年の瀬。
雪は滅多に降らないこのあたりですが、うっすら残るくらいに降りました。

明日の夜はお店から届くおせち料理を食べるので、今日が今年最後の夕食の調理です。
コマツナを初収穫して使うことにしました。
濃い緑にふわふわした雪が映えてます。

コマツナの生育記録

コマツナはナスとピーマンの株元に種をばらまいただけで土もかけませんでした。
雑につけている農作業日誌によれば、10月21日に種まきしたようです。
約2ヶ月でここまで成長しました。
コマツナってしゃもじみたいな葉っぱなんですね。

葉物野菜は育てるのが意外と難しいそうです。
本によると夏野菜の跡地だと肥料いらずで作りやすいとのこと。
発芽率は悪かったのですが、芽が出たものは少しずつ大きくなって、
虫にもほとんど食われていません。

ちなみに夏の畑はこんな感じでした>>>夏野菜の支柱立ての反省

コマツナの群生

左下のあたりが我が農園のコマツナ群生地(というほどでもない)です。
あまり大きな株にはなっていないので、大きな葉だけを摘み取りました。
小さな葉が大きくなれば、まだまだ食べられそうです。

不思議なんですが、どう考えてもそんなところにタネは播いてないんだけどな、
って場所にも3株ほどコマツナがいます。
そういえば、ダイコンにもそういうのがいます。
どうやって移動しているんでしょうか。
タネが服とかに着いてるんですかね。

収穫したコマツナはざく切りにして、夕食のスープ餃子に入れました。
コマツナ独特の風味というかクセがあまりなく、食べやすかったです。
来年はもっと群生させたいと思います。

2021/2/8追記

温かい日が増えてきて、日も長くなってきたからか、コマツナの生育が順調です。
大きい葉を取って食べて、何日かして見るとまた同じくらいに成長しています。

ちなみに手前の細い葉はニンニクです。こちらも元気いっぱいなので成長が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました