小ネギを讃える

栽培

2020/1/3

小ネギのありがたさ

うちの畑の野菜の中で、もっとも我が家に貢献しているのは小ネギかもしれません。

私も配偶者も薬味の小ネギが好きで、麺類、汁物、炒め物などによく使います。
ネギを散らすと、それだけで美味しそうにみえるのも有り難いことです。

しかし小ネギは意外と高いです。
10本くらい入って98円とか、150円くらいすることも。

そして日持ちがしません。
いくらネギ好きでも使い切れないことが多いです。
刻んで冷凍保存していた時期もありますが、かなり風味が劣ります。

今では、ちょっと使いたいなって時に庭の畑に出て、2,3本ちぎってくればいいので、
タダで美味しくてラクです。とても助かっています。

放置した小ネギが復活

ネギを種から育てたことはまだありません。
実家から分けてもらった株を少しずつ増やしています。

昨年の春頃に小ネギの株を分けたのですが、
場所が足りずに全部は植えられなかったので、
何本か畑の隅に放置していました。
するといつのまにかそこで根を張っていました。

その株は畑の中に植えているものより立派な株になっていて、
何度も収穫させてもらっています。

放置した時は地面に対して水平になっていて、当然、根は土に埋まっていませんでした。
下に枯れ草を積んでいたので、土に接してもいなかったかもしれません。

その状態から根を張って、ここまで成長したということに感嘆してしまいます。
おそらく普通の小ネギよりも、根をしっかり張っているのではないかと思います。

そして枯れ草がいい肥やしになっているんじゃないかと。

畑に植え替えようかとも考えたのですが、
元気なうちはこのまま様子を見てみようと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました