うちの庭がお花畑の楽園になりました

栽培

2021/3/1

畑を見ていると、春が始まっているのが感じられます。
立春過ぎから草も野菜も急激に変化をみせて、今ではお花畑になりました。

ホトケノザの群生の中に、エンドウが白い花を咲かせています。

コマツナは数日のうちに蕾が高く伸びて、いかにも”菜の花”な花を咲かせています。

白くて小さな花を咲かせているのは、ハコベのようです。

ハコベが生える畑は、肥沃でどんな野菜もよく育つと本にあったので、
見つけた時は小躍りしました。

去年の春、畑を本格的に始めた頃はこんな感じでした。
当時はこれが普通に思っていましたが、今では草がないと殺風景に感じられます。

草を取らずに野菜づくりに生かす方法は、竹内孝功さんの著書で学んでいます。

植物達の急激な変化を見ていると、感嘆させられます。
狭いうちの庭が、”楽園”に見えてきます。
ついポーッとお花畑を眺めて、時を忘れます。

鉢植えや花壇のお花も美しいと感じますが、
それとは違った美しさを感じます。

最後に、うちで初めて咲いたルッコラの花。
どんどん葉を出す生命力とは対称的な、白い風車のような可憐な花です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました