しいたけ栽培キット二巡目と再購入

栽培

2020/12/21

一巡目後に青カビ発生

初めて購入したしいたけ栽培キットは、
一巡目の収穫後、栽培ブロックの一部にカビが生やしてしまいました。

収穫後は栽培ブロックを2〜3週間休養させます。
”休養中も表面が乾かない程度霧吹きで水をあげてください”と説明書に記載がありましたが、
付属の栽培用ビニール袋の開け閉めが億劫で、つい放置気味に……。

”栽培ブロックの表面が乾燥しすぎると、青カビが付着することがあります”と注意書きがあったので、
乾燥が原因かなと思います。
”必要以上の散水はカビの原因となります”とも書いてあったので、
二巡目以降は「適度なしっとり感」を維持するのがポイントのようです。
ちなみに一巡目はカビが生える暇もスペースもなく、しいたけが密集してくれます。

栽培二巡目の結果

青カビが気になりつつも二巡目に挑戦。
栽培ブロックを吸水させるため、バケツに入れましたが、
栽培ブロックには空気がたくさん含まれているようで、すぐプカプカ浮いてきます。
ボウルを被せて上から石を載せて、なんとか半分くらい沈んだ状態にしました。

ベランダに置いていたら、すっかり忘れて1日半放置していました。
持ったときの重さは、下の方しか水を吸った感じがありませんでしたが、
とりあえず家の中に入れて栽培を開始。

二巡目なので芽が出るのに時間がかかるかなと思いきや、
6日ほどで5つ収穫できました。
久しぶりの採れたてしいたけバター炒めはやはり美味しかったです。

青カビがなければ、三巡目もいってみたかったのですが、
部屋の中がカビ臭くなってきたこともあり、庭の畑の隅に置いて、
栽培ブロックが朽ちていくのを観察することにしました。

しいたけ栽培キット再購入

そして改めて、しいたけ栽培キットをリピート購入しました。
今度は栽培容器+おかわり君(ビニール袋、説明書なし)で購入。

付属のビニール袋よりも開け閉めが楽なので、水やりしやすいです。
栽培してみて、ハマった方は栽培容器があった方が良いかもしれません。

すみません、アイキャッチ画像と同じ画です

前回は欲張って収穫が遅れてしまい、
傘が開きすぎ、しいたけも密集しすぎた感じだったので、
今回は傘が開き切っていない、丸っこい状態で大きめのものを収穫しました。

すると、2日後には再び同じ密集具合にまで育ちました。
数は数えていないのですが、ボウルに入った状態で比較すると、
前回より1.2倍くらいは多く収穫できたと思います。

前回収穫したときの記録はこちら>>>しいたけ栽培キットがすごいです

さて、収穫した後が大事。
栽培ブロック表面の様子を見ながら、水かけしてみます。
栽培容器付きで試してみたい方は下のセットがおすすめです。


2021/2/19追記 青カビは洗えば大丈夫

その後も3回、4回と菌床を”おかわり購入”しています。

やはり一度栽培した後は青カビが生えやすいようです。
宝珠山きのこ組合さんのブログ(https://kinokokumiai.or.jp/blog/1042/)によると、
収穫後のつぶれた芽や残った軸などがカビの栄養になってしまうそうです。

もし生えてしまっても、洗えば意外と大丈夫なことがわかりました。
水を菌床の上から流しながら、指で青カビがカビが見えなくなるまで擦ります。
またしばらくすると、青カビが見えるようになりますが、
もう一度洗うとほとんど生えなくなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました