初冬の畑の様子と収穫物

栽培

2020/12/8

今日の畑と収穫物について、とりとめもなく書いていきます。
画像が多いです。

まず今日は初めてコカブを収穫しました。

上の画像で一番大きいのは、こんなふうにブロック塀に接して生えていたものです。

どこまで大きくなるか観察していましたが、ブロック塀から押されるからか、形が扁平になってきました。

コカブはニンジンの発芽を促すために播いて、ニンジンに影響がないものだけ放置していました。
4つを収穫、今晩の夕食に使うことにしました。

実は、コカブを食べたこともなければ、調理したこともありません。

”みんなのきょうの料理”のサイトにあった、”子かぶの炒め煮”に決定。
レシピに書いてある通り、ごはんがすすむ一品でした。

そしてピーマン。
もう12月になるというのに、まだまだ元気です。
ボウルいっぱいに収穫しました。

播き遅れのホウレンソウは本葉が出ていました。かわいすぎです。
ガッテン農法の本にあった通り、2度踏みつけ播きで播いたところ、水やりなし、雨1度だけでここまで大きくなりました。

上の画像はダイコンです。ぱっと見、何かわからないですね。
白い根っこがひょろひょろ露出していたのが、太くなってきました。
この感じだと、ぐにゃぐにゃダイコンになりそうですね。原因は種まき時の鎮圧不足でしょう。

ニンジンは葉っぱの下の土がひび割れて、盛り上がってきました。
太くなってくると土が盛り上がるんですね。
育ててみて、初めて知ることが多いです。

最後に。
11月11日に掘り上げた安納芋を蒸し器で蒸してみました。
めちゃめちゃ甘かったです。こりゃたまらんです。来年はもっとたくさん植えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました