ナスの大量消費に!超簡単な焼きなす

栽培

2020/9/25

ナスの消費が課題

涼しくなってくるにつれて、ナスがどんどん実ってきました。
ナスは夏野菜というより、秋野菜ですね。
食べるのが追いつかなくなってきました。

どんどんできるナス(とピーマン)

焼きなすは美味しいけれど……

ナスの美味しい食べ方の一つ、焼きなす。
私はずっと、焼きなすを作るのは大変だと思っていました。

幼少の頃、母親が「焼きなすは面倒くさいから作りたくない」とよく愚痴をこぼしていたからです。
先日帰省した時、その母親から「焼きなすは簡単よ」とあっさり言われ、「ええー!」っとなりました。

超簡単な焼きなすの作り方(ガスコンロ)

母親から聞いた焼きなすの作り方は、
ナスを縦半分に切り、ガスコンロのグリルに並べて、
皮が黒くなるくらいに焼いた後、そのまま放置するというものでした。
皮は手で引っ張れば簡単に剥けるそうです。

焼きなすの面倒なところである、
1.まんべんなく焼くために、ナスを少しずつ動かさなければならない。
2.ナスの皮を剥く時に手が熱い。
3.ナスが焦げると皮が剥けにくい。

の3つが解消される作り方です。
自宅に帰ったあと、早速作ることにしました。

超簡単な焼きなすの作り方(フィッシュロースター)

うちで焼き物をするときは、ガスコンロのグリルではなく、
象印のフィッシュロースターを使っています。
焼き時間を設定できるので、途中で焼き加減を見る必要が無いところが楽です。

     象印webサイトより

焼きなすもフィッシュロースターで作ってみました。
フィッシュロースターは両面を一度に焼けるので、
小さいナスは縦半分にせず、そのまま焼きました。
焼き時間は適当に15分に設定。

大きくて縦半分にしたものは、切ったところが焦げるかなと思いましたが、少し色が変わる程度でした。
15分後、皮が黒くなっていることを確認して、そのまま放置し他のおかずの準備。

しばらくしてから取り出してみると、手でさわれる程度に冷めていました。
端から皮をめくって、横に引っ張ってみると、すーっと皮がむけていきます。

皮が焦げて黒くなると、そこで皮が切れてしまいがちですが大丈夫でした。
放置することで皮に水分が移って、剥けやすくなるようです。

焼きなす、美味しすぎ

お味の方も最高でした。
おろし生姜をたっぷりのせて、かぼすポン酢をかけて頂きました。
大きなナス2本と小さなナス2本、二人であっという間に完食。

ナスが獲れすぎて困っても、焼きなすにすれば解決です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました